わんこの病気を皮膚のできものから疑う

 

 

わんこの病気は、皮膚のできものから疑うこともできます。

 

とくに「しこり」のようなコリコリとしたできものを発見した場合には、悪性腫瘍が疑われる可能性もあるため、なるべく早く検査を受けることが大切となります。

 

しこりの大きさや形、硬さ、できる場所などはさまざまで、見た目には良性か悪性かを判断することはできません。

 

良性の場合でも痛みを伴ったり、悪性の場合でも痛みを伴わなかったりする場合があります。

 

わんこの病気の中でも皮膚のできものは、とくに高齢なるにつれ発症率が高くなっています。

 

皮膚のできものは比較的簡単に見つけることができるため、日頃からスキンシップを欠かさないようにすることが大切となります。