わんこの病気としての心臓病

 

 

わんこの病気としての心臓病には、先天性や後天性のほか、心筋疾患が原因となるものなどがあります。

 

犬は人間と比べても心臓病になりやすく、とくに後天性のものは、高齢の犬が発症しやすくなっています。

 

先天性による心臓疾患には、心室中隔欠損症や心房中隔欠損症、大動脈狭窄症などがあります。

 

後天性によるものとしては、僧帽弁閉鎖不全症や感染性心内膜炎などがあげられます。

 

とくに僧帽弁閉鎖不全症は、わんこの病気としての心臓病の中でも、8割近くを占めています。

 

心筋症や心筋梗塞は、心筋疾患による心臓病となります。

 

またフィラリアに感染することでも、心臓病を発症させる場合があります。